サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
エンジニアリング分野
保守・メンテナンス

仕様打合せから引き渡しまでのトータル整備サービスをご提供致します。

また、自動化を精度更新と併せて行うことも可能です。

 研削盤・工作機械整備において機械整備だけでなく電気整備も併せて行い、更に仕様打合せから最終引き渡しまでのトータル整備サービスを提供しています。また、単なる整備のみならず、自動化を精度更新と併せて行う事も可能となりました。

精度更新(研削盤・工作機械) サービス 特徴
ENG 精度更新

弊社のオーバーホールは日常点検作業を補うもので、機械製品を部品単位まで分解して、洗浄・手入れ・再組立てを行い新品時の性能状態に復元します。
通常の点検作業では出来ない内部構造の点検・清掃作業や劣化部品の交換、調整等の機械整備を行います。又、ユニット毎の整備にも対応します。

電装更新

精度更新に伴う解結線工事や、電気部品更新等の電気整備全般を行います。

自動化

ロール研削盤用NC自動研削装置の導入によるNC化や、受台受金移動の遠隔操作等の部分NC化等を行います。

補正整備

往復台運動測定(真直度・平坦度・捻れ)等にて現状確認し、ベッドのレベル調整等により精度補正を行い機械精度維持を致します。

ポイント①

細部にわたるまで手入れを行い、生産中止となった部品も現物より図面を描き、新規で部品製作することができます。 また、最新の加工技術・材質を使用することにより耐久度の向上が期待できます。

ポイント②

摺動面の繊細な精度調整において、キサゲ技能にてμ単位での精度復元を行う事が出来ます。
また、メーカーを問わない整備、自動化が可能です。

ポイント③

定期的なオーバーホールを行う事で、加工精度悪化に伴う加工時間増加の頻度は少なくなります。
併せて弊社より省力化の提案を行い、加工時間の低減を図ります。

キサゲ技能 受台 分離整備 切込装置 分解整備

キサゲ技能

受台 分離整備

切込装置 分解整備

お問合せについてはこちら
先頭へ