サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
精密製品分野
カップ形状型CAP LD(半導体レーザー)用キャップ

厳格な寸法測定・形状確認によりプロジェクションの形状を

徹底管理し、安定的な形状保守に努めています。

 半導体レーザーダイオードはフランジ(ステムとも言う)にLDチップ、PDチップを搭載して、それを金属のCAPにて気密封止します。
 この封止には抵抗溶接が一般的に採用されていますが、この時CAPのプロジェクションの形状が非常に重要でプロジェクションの幅、高さ、径等の寸法が溶接時に非常に影響を及ぼします。
  この寸法管理は単に表面での寸法測定だけでは十分な管理は難しく、CAPを樹脂固めした断面形状での寸法測定、形状確認を行い、当工場は安定的な形状保守に努めています。

LD用キャップ1 LD用キャップ2 LD(半導体レーザー)用キャップ

 パソコン用液晶パックライト等冷陰極管用の電極に使用するキャップです。材質にニッケル、ニオブ、モリブデンを使用し、カップ形状に絞り加工致します。

材質:Ni、Nb、Mo材等
サイズ:0.1t×1.5Φ

CCFL電極 CCFL(冷陰極管) お問合せについてはこちら
先頭へ