サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
精密製品分野
精密・プレス電子部品
鋭角絞りCAP 絞り(内R)設定値 絞り加工比較 特徴

当社の鋭角絞り加工では内容積を最大限に、

外形サイズをよりコンパクトにすることが可能です。

 従来の絞り加工によるフランジ付CAPは、材料板厚により絞りRが設定されるため、内面Rならびフランジ部のRの大きさにより、外形サイズが大きく設定されていました。
 当社の鋭角絞り加工では、内面絞りR、フランジRを最小限度に抑え、内容積を最大限に、外形サイズをよりコンパクトにすることが可能となります。

鋭角絞りCAP 絞り(内R)設定値
従来の絞り加工品
鋭角絞り加工品

材質

Cu系材料、Ni合金、SUS 等

板厚

0.05~0.10(要相談)

サイズ

1.5×1.5×H ~ 10.0×10.0×H(要相談)

 絞りの内容積を最大限大きく設定できます。
 内面のR部を小さいRで設定できます。
 狭いフランジ幅で広い平坦部を確保できます。
お問合せについてはこちら
先頭へ