サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
RFID分野
RFIDソリューション 生産管理

作業日報を手書きで作成後、同じ内容をデータ入力していませんか。

入力負担を低減し、作業の進捗状況をリアルタイムに確認できます。

システムのポイント RFIDをかざすだけで作業者によるデータ入力の作業負担を軽減

1.作業者の作業実績入力負荷を低減し、作業の進捗状況をリアルタイムに収集可能。
2.工程特性に応じた読取パターンで、工程実績収集が可能。

従来

作業者が複数設備で作業を掛け持ちしている場合、作業実績収集がとりづらい。
作業日報を手書きで行い工程管理システムにてデータの入力を行っていた。
オーダ(ロット)がどこまで進んでいるかタイムリーにわからなかった。

生産管理システムとの連携により問題発生時にタイムリーな対応が可能

1.上位生産管理システムとのインターフェースとの連携が容易。
2.現場状況の見える化により問題発生時にタイムリーな対応が可能。

従来

作業日報を手書きで行い、その後工程管理システムにてデータの入力を行っていた。
作業者が複数設備で作業を掛け持ちしている場合、作業実績収集がとりづらかった。

工場や製造現場など作業環境を問わず、汚れや粉塵に強い

1.粉塵、水滴など製造現場の環境に依存せず機器の設置が可能。

従来

現場環境(汚れ・粉塵)上、パソコンなどのIT機器の設置が難しく、手書きの作業日報を作成後に事務所や詰所にてデータ入力を行わなければならなかった。

運用イメージ 運用イメージ 図 加工装置に設置したリーダライター

加工装置に設置したリーダライター

お問合せについてはこちら このページの先頭へ

リアルタイムでの現品管理と地上作業員の作業負担軽減を実現します。

システムのポイント 安価で簡単にシステムの構築が可能

1.誘導無線方式より安価で簡単にシステムの構築ができます。
2.レーザー方式に必要な面倒なメンテナンスは不要です。
3.屋外での利用も可能です。

従来

クレーン位置検出方法として、①誘導無線方式、②レーザー方式があります。
レーザー方式では、メンテナンスが必要であり、また屋外での利用はできなかった。

運用イメージ システム概要

1.クレーンガター上にタグを取り付け、クレーンにアンテナを設置します(走行方向位置検出)。
2.クレーン機体にタグを取り付け、横行台車にアンテナを設置します(横行方向位置検出)。
3.走行番地と横行番地をコンピュータに転送します(位置検出伝送)。

お問合せについてはこちら このページの先頭へ