サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
RFID分野
RFIDソリューション 安全管理

保安員の“目”となり、部外者の見逃し入構を防止すると共に、入構履歴を

データベース化することにより、いま、誰が構内にいるのかを管理します。

システムのポイント ポイント①

 1.現在、誰が入構しているのか、構内にいるのか等を把握することが可能です。
 2.過去の通行履歴や統計情報を調べることが可能です。

 従来

これまで記録に残っていなかったため、問題発生時に誰が入構しているか、通行履歴から調べられなかった。

ポイント②

 1.通勤ラッシュや夜間、雨天時にて、通門証の有効期限切れや他人の通門証、偽造通門証等に
   よる入構リスクを低減できます。
 2.誤って入構する部外者を防ぐことが可能です。

 従来

混雑時には特に、入構者の見逃しが発生しており、入構者全員を把握することができなかった。

運用イメージ 運用イメージ 運用イメージ 運用イメージ
お問合せについてはこちら
先頭へ

オイルセラー等の危険エリアでの一人作業に不安はありませんか。

非常時でも作業者の所在把握が可能になります。

システムのポイント ポイント①

 1.だれが、いつ、何の目的で入室しているかを管理できます。
 2.経過時間がしきい値を超えるとブザーとLEDで周囲の人にお知らせします。

 従来

作業場の面積が広い、出入り口が複数ある、見通しの悪い場所がある、騒音、一人作業が多い等により、火災発生時に作業者の発見が遅れる危険があった。

ポイント②

 1.操作が簡単なため、利用者が自分でタグの発行・返却ができます。

 従来

タグを発行・返却する際は専属担当者が行っていたため、手間がかっていた。

運用イメージ 運用イメージ システム概要

1.オイルセラーへと通じる全ルートに認証装置とゲートを設置します。
2.ゲートは当社製の「回転ゲート」をご提案いたします。
3.認証装置は短波帯、UHF帯、アクティブの3通りから運用方法やご予算に応じて選択できます。

短波帯 UHF帯 アクティブ
コスト RW
TAG ×
ランニング 不要 不要 TAGの電池交換が必要
認証方法 タッチ&ゴー

タッチ&ゴー
ハンズフリー

ハンズフリー
ハンズフリー + エリア検知

ハンズフリー + エリア検知
回転バーとアクティブタグ付ヘルメット
回転バーとアクティブタグ付ヘルメット
動作シーケンス
動作シーケンス
お問合せについてはこちら
先頭へ

重機と人の接触防止に『作業者接近検知システム』

重機に作業者が近づきすぎて、ハッとしたことはありませんか?

本システムでは「本当に危ない時だけ」警告を行います。

システムのポイント ポイント①

 1.タグをつけた作業者が検知距離内に近づいた場合にのみ警告を発し、
   真に危険度の高い状態を運転者に知らせることが可能です。

 従来

重機作業エリア内へ他作業員の侵入が間々あり、作業員が近くにいることに気づかず、急な方向転換やブレーキ操作により事故につながる危険があった。

ポイント②

 1.従来、検知が難しかった後方や側面に対しても検知が可能なため、運転者の作業負担が軽減されます。

ポイント③

 1.荷物に隠れて見えない作業者や棚の影からの飛び出しを検知・警報します。

 従来

超音波方式やカメラ方式では、障害物の影の作業者は検知できませんでした。

運用イメージ 運用イメージ システム概要

1.作業者のヘルメットに磁界検知機能付きのアクティブRFIDタグを取付け、
  フォークリフトの 天井部分に磁界送信機及びアクティブRFIDリーダを取り付けます。
2.作業者が磁界検知距離内に入った場合に、アクティブタグから無線でリーダに
  信号を送り、フォークリフト運転者に警告を行います。
  ※検知距離は可変可能な3~12メートルです。

製品の詳細はこちら お問合せについてはこちら
先頭へ

重量製品搬送中に地上作業員が侵入してハッ!としたことはありませんか。

作業員を検知するとクレーン運転手へ警告します。

システムのポイント ポイント①

 1.作業員がエリア内のどこに誰がいるかを管理できます。
 2.作業員の滞在時間が一定時間過ぎると管理者に通知します。

 従来

設備の自動化、合理化によって要員の削減が図られ、一人職場の増加や作業員同士によるお互いの安全確保が行いにくい状況になっています。
その為、火災や怪我等の有事の際に、誰がどこにいるのかわからないことや発見が遅れることがありました。

ポイント②

 1.しゃがみ作業中の作業員やコイルに隠れた作業員をクレーン運転手に確実に警告できます。
 2.安全に対する作業員の安心感・モラルアップが可能となります。

 従来

コイル置場内の作業は、クレーンによる重量製品の搬送作業(コイル入出庫、配置替え)と地上での作業者の作業(出荷コイル確認、ロット識別作業など)が混在する危険環境の作業です。クレーン運転者がコイルの陰で作業者の存在を見通すと重大事故につながる危険性がありました。

運用イメージ 運用イメージ システム概要

1.コイル置場内で作業する作業者は磁界検知センサー付きのアクティブRFIDタグを
   所持します。また、クレーンのリフターに磁界送信機を取り付けます。
2.リフターが作業者に近づくと、アクティブタグから無線でリーダに信号を送り、
   クレーン運転手に警告を行います。
  ※検知距離は可変可能な3~6メートルです。

お問合せについてはこちら
先頭へ