サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
表面処理分野
印刷関連製品

印刷関連製品

 当社は平成22年度(2010年度)印刷技術賞も獲得した実力派です。
その技術とこれまで培ってきた溶射技術を活かし、様々な印刷関連製品を取り扱っております。

※印刷関連製品以外でも、様々な機能を持った皮膜設計が可能です。お気軽にお問合せ下さい。

商業印刷/枚葉印刷関連
■インクツボローラー
■インキングローラー
■給水ローラー
  (水元ローラー)
■ライダーローラー
  (ブリッジローラー)
  (保水ローラー)
■圧胴ジャケット
■中間胴ジャケット
  (渡し胴)
■NYTフィルム

(1)

耐久性向上:クロムメッキより耐摩耗性の高いセラミックス製の為、ドクターブレードや硬くなったインクなどの摩耗に強い。

(2)

高品質インキ転移性:従来のクロムメッキ皮膜と同等以上のインクの安定供給が図れます。

(3)

耐薬品性の維持:セラミックス皮膜と鉄母材の間に、耐食性金属溶射を被覆しており、強力洗浄剤への耐性を保持しています。

(1)

インキ転移性が良好:ロール表面は親油性が高く、インク転移性が良好です。

(2)

ローラストリッピングの抑制:ローラ表面に紙の塗工材・インク中のカルシウム等の付着によりインクの転移性が不良となる、 ローラストリッピングを抑制します。

(3)

耐摩耗性の向上:溶射金属の粗面化皮膜の凹み部および溶射金属の全体を覆うようにナイロン皮膜を溶射しているので、 耐摩耗性の大きいナイロン皮膜が長期間の使用で摩耗しても、溶射金属との密着力及びインク転移性を長期間維持します。

(1)

一定の水膜厚:セラミックス給水ローラはクロムローラに比べ水膜厚が薄く、且つ、ローラ幅方向で非常に均一です。

(2)

水の微細線が出ない:水の流れ方向での水の微細線が出にくい特長があります。

(3)

ローラ回転数と正比例の給水能力:ローラ回転数が変化しても水膜厚の変化が小さく、ローラ回転数に応じて一定量の水量が 増加するので、給水量の調整を行い易くなっています。

(1)

保水性に優れる:溶射皮膜の微細な凹凸の凹部を保水性維持に活用し、良好な保水性を保持しています。

(2)

耐摩耗性に優れる:印刷物のインクには、インクの種類によってはTiO2に見られるような硬くてロールの摩耗を促進させる セラミックス粉末を含有したものに対しても、セラミックス溶射皮膜の耐摩耗性は十分確保され、寿命寿命向上に寄与します。

(3)

親水性樹脂皮膜を表面コーティング:親水性樹脂をセラミックス溶射皮膜上にコーティングし、水供給能力が安定しています。

(1)

プロセスインキでの両面枚葉印刷には欠かせません。

(2)

インキ離型性に優れます。

(3)

複合皮膜による耐摩耗性に優れます。

(1)

圧胴ジャケットの技術を応用し開発した中間胴ジャケットです。

(2)

インキ離型性に優れます。

(3)

耐摩耗性に優れます。

(4)

破損が無ければ交換は必要ありません。

(1)

インキ離型性の優れます。

(2)

洗浄が容易で、繰返し長期間使用できます。

(3)

使用場所に合わせてカッターナイフで簡単にカット出来ます。

新聞印刷/輪転印刷関連
■新聞輪転機
 ガイドローラー
■離型ローラー
■グリップローラー

(1)

汚れ防止効果大

(2)

洗浄作業省力化効果大

(3)

環境にやさしい(洗浄油使用量削減)

(1)

溶射皮膜とシリコーン樹脂の特色を持ち、耐摩耗性と非粘着性の両方の特徴を兼ね備えます。

(2)

印刷インキの汚れ防止、非粘着を要求する場所に効果を発揮します。

(3)

環境温度が変動しても離型性は良好です。

(1)

高いグリップ力。

(2)

耐摩耗性に優れます。

(3)

静電除去を兼ね備えます。

(4)

表面抵抗値導電性/絶縁性任意の設計が可能です。

お問合せについてはこちら
先頭へ